サッカー1級審判員を目指して

競技規則の解釈や、Jリーグであった判定について、自分の審判記録などいろいろと書いていこうと思います。疑問・訂正等あればコメントよろしくお願いします。
サッカー1級審判員を目指して TOP  >  試合より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天皇杯決勝

※連続投稿で消えてしまいましたがすぐ下に新年最初の記事があります。お見逃しなく!
下にない場合はこちらから※


早速ですがこれだけはやっておこうと思いメモを取ってみました。


天皇杯決勝 ガンバ大阪対浦和レッズ

試合結果はこちら
公式記録はこちら

主審:村上伸次
副審:名木利幸、大塚晴弘
第4の審判員:廣瀬格



Gはガンバ、Rはレッズです。「が」や、「の」を補って読んでください。



前半キックオフ
0005 Rファウル
0025 Gオフサイフラッグアップ
0055 Rハイキック
0255 Rファウル
0400 Rペナ内でブロックされ倒れるもファウルなし
0430 R槙野手から出血 フィールドの外へ
0600 R槙野復帰
0815 G米倉負傷 フィールドの外へ
1130 G米倉→井手口
1200 Gペナ内で手に当たるもハンドなし
1230 Gファウル
1540 R宇賀神ドリブルで抜けたところ今野にブロックされるもファウルなし
1720 G競り合いで今野倒されファウル
1940 Rアフターで倒されるもパスがつながりプレーオン
2630 R槙野ドリブルが大きくなり相手に突っ込んでファウル
2720 R手で触ろうとした?
2900 Gクリアした宇佐美に李がスライディング プレーオン
2950 Rさっきのプレーで李に警告 ラフ
3110 G先制パトリック
3230 G宇佐美ファウル 森脇怒り名木さん仲裁に
3400 G宇佐美ファウル
3410 G宇佐美警告 遅延
3500 R同点興梠 李負傷しフィールドの外へ キックオフ後すぐ復帰
3730 Gパトリックファウル プッシング?
4130 Rボール入ったところスライディングで倒しファウル
4145 Gオフサイド
AT3分
4625 Gホールディング
4715 Gパトリックホールディングされるが倒れずプレーオン
前半終了

後半キックオフ
0055 Gファウル
0350 G遠藤ハイキック
0410 Gパトリックアフターで突っ込みファウル
0745 G勝ち越しパトリック
0915 Gファウル 森脇をひっかける
1020 R宇佐美が森脇のファウル誘う
1150 R梅﨑→関根、武藤→ズラタン
1425 Gオフサイドフラッグ上がるもキャンセル
1555 Rドリブル大きくなりスライディングが相手倒すもプレーオン
1750 CKで村上さん給水
1815 Gファウル
1915 G興梠のドリブルひっかけファウル
2240 R槙野が遠藤をがっちりつかむがファウルなし
2335 R宇賀神→高木
2540 Gファウル
2545 Gファウルもプレーオン
2600 G倉田警告 関根がファウルしたが前のプレーで倉田のホールディングあり 反スポ
3020 よく分かりません
3030 G宇佐美→内田
3240 Rチャージング
3725 Rゴールに入るも那須が後ろから飛びかかりファウル
3905 Rファウル
4045 Gファウル
4150 Gパトリック→長沢
4420 Gファウル
4500 Gオフサイド
AT4分
4620 G丹羽警告 (公式記録によると異議)
試合終了




特に荒れることも不可解な判定もなく、観戦記録としては残念な試合でした(笑)

オフサイドのキャンセルが何度かありましたが、フラッグアップが早すぎたというよりも選手が追いかけるのをやめたのでキャンセルという感じです。

そして倉田選手の警告のシーン、最初は全く分かりませんでした・・・リプレイを見て納得です。
近いですがなかなか目に入らないところかと思います、すごいです。

後半30分20秒のシーン、何があったか分かりませんでした。オフサイドではないと思うのですが。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/01/01 23:55 ] 試合より | TB(-) | CM(0)

扇谷さんのナイスジャッジ

チャンピオンシップ決勝 第1戦

ガンバ大阪 対 サンフレッチェ広島

主審:扇谷健司
副審:山口博司、西尾英朗
第4の審判員:高山啓義



11月7日の鹿島戦でマリノスのCS出場が消えてから関心が無くなり、今日だということも忘れそうになっていたこの試合ですが、審判団を見ると神奈川の扇谷さんと山口さんが!

ということで急遽審判を見るために真面目に観戦することに(審判団に関係なくレフェリングに注目して観戦する予定でしたが)

メモを取っていたわけではないので、書きたいことを1つだけ。

何かというと、広島の3点目のシーン。

こちらの動画の5分5秒あたりからです

※消えてしまったので、スカパーの動画を載せておきます(2015.12.4追記)


扇谷さんが笛を口元まで持って行っているのが分かりますか?

スカパーの動画には映っていないので、キャプチャ
動画の1分7秒あたりです
WS000335.jpg

荒いですが、口元に手が近づいているのが分かると思います。


アドバンテージのシグナルはないものの、ファウルだと認識しているように感じます。

しかしここで笛を吹かなかったことで得点につながりました。
もしFKにしていたら同点の可能性もあったと考えると素晴らしい判断だったと思います。

本当のところは分かりませんが、扇谷主審のナイスジャッジ!でしょう。


自分の知る限り全く話題になっていなかったのでブログに書いてみました(笑)



ところでこういうシーンを見るといつも思うのですが、解説に審判経験者の方を呼ぶことはできないんですかね・・・
せめて試合後に解説があるとか。

元選手の解説が間違っていることが多くて、いつも残念に思います。
せっかくこんな注目度の高い(かどうかは微妙ですが)試合なので、審判にもいい意味で注目が集まると良いんですけどね。



と、こんなところです。

判定についてはtom3さんのこちらの記事とほぼ同じ意見です。

確かに試合を通して一回も扇谷さんのアドバンテージのシグナルを見ていない気がします



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/12/03 01:33 ] 試合より | TB(-) | CM(0)

日本対イラン

試合を見ながら記録してみたものです。

ほとんど見返してもいないのでミスがあるかもしれませんが

※やはり間違いを発見しました。一部訂正しました。(10/14 23:00)

主審 アブドゥル バキ
副審 アル アムリ アルブサイディ
第4審 ボニャディファルド

3分50秒  柴崎 ファウル トリッピング
5分30秒  イラン オフサイド 二列目の飛び出しあったが早めの笛
6分50秒  イラン ファウル 競り合い 吉田を押さえた?
10分     長谷部柴崎 ファウル トリッピングスタンピング(キッキング)
17分10秒 イラン PA内で倒れるがファウルなし 主審目の前
17分50秒 柴崎 ファウル トリッピング
18分50秒 イラン ファウル 武藤を掴んで引き倒す
22分50秒 イラン 交代
25分30秒 イラン オフサイド
28分    本田 ファウル トリッピング
30分30秒 吉田 ファウル 警告 反スポかな
32分50秒 イラン 倒れるがファウルなし 残った足にかかった
33分20秒 米倉 ファウル チャージング
39分    本田 ファウル 相手を押さえたか肘で相手を打った
41分20秒 イラン 競り合いで倒れるもファウルなし
41分40秒 イラン 突破しようとして倒れるもファウルなし
42分20秒 イラン ファウル 
44分    長谷部 ハンド
AT1分
45分+10秒 吉田 ファウル PK トリッピング
前半終了

後半
4分55秒  柴崎 倒されるもファウルなし
5分20秒  スローインではなくCK
6分30秒  イラン ファウル 清武に飛びかかる
9分20秒  イラン スローインやり直し 理由不明 
11分     イラン オフサイド
11分45秒 清武 倒されるもファウルなし
13分    本田 PA内で倒れるもファウルなし 倒れ方がシミュレーションっぽい
14分20秒 イラン ファウル 後ろから武藤を押す
23分20秒 酒井 ファウル 手が出たか
23分30秒 吉田 ファウル
28分22秒 柏木 ファウルするもプレーオン
28分30秒 イラン ファウル 原口のドリブルを手で止める 6番警告
30分30秒 イラン ファウルするもプレーオンが二回続く
31分    長谷部 ファウル
32分10秒 武藤 ファウル
34分    イラン ファウル 20番サルダル・アズムンが清武のユニフォームを引っ張り乱闘気味に 警告
36分    武藤 ファウル ホールディング
36分30秒 イラン ファウル スライディングが原口にかかる
37分30秒 丹羽 ファウル 相手に飛びかかった
39分    イラン ファウル ホールディング?
40分50秒 イラン ファウル トリッピング? クイック認めず
41分50秒 日本 ファウル よく分からない
43分50秒 イラン ファウル ヘディング後の丹羽に当たりに行った 見えていなかったか
44分50秒 イラン ファウル 3番と清武がすこしやりあう
47分    原口 倒されるもファウルなし
47分10秒 イラン ファウル 丹羽が押されて西川と接触
AT3分
試合終了


試合自体はあまり面白くないだろうということで審判に注目していたわけですが、そちらにもあまり集中出来ませんでした・・・
見逃しや間違いが多いかもしれません。
まあ、久しぶりにやってみようということで。

一度清武とアズムンがやりあってからは、仲裁に入るのが早かったです。

とりあえず、こんな感じで。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/10/14 00:56 ] 試合より | TB(-) | CM(0)

J1セカンド第10節新潟戦より

遅くなりましたが、今日のマリノス対新潟の試合

退場2名、警告5名(二枚目が二人、すべて新潟)という試合になりました。


試合自体は荒れていたわけでもなく、主審の飯田さんがひどいレフェリングをしたわけでもありません。

ただ、新潟サポ的には不満爆発のようで、マリサポにも不満な人が多いようで・・・


というわけで、ツイッターのマリノスアカウントでも書いたんですが、警告といくつかのファウルのシーンについてどういうことか書いていきます。

試合ハイライトはこちら


退場シーンとマリノスの失点シーンが映っています



では、判定について

前半36分 レオシルバへの警告 反スポ
ディフェンスはGKのぞいて二人、つまり2対2になる可能性大
ここでレオシルバが「先に」ホールディング
よって、大きなチャンスとなる攻撃のじゃまをする、またはという戦術的な目的でファウルを犯すに該当するかな

あるいは相手をボールから遠ざける目的で相手を押さえるにも該当するかも
どちらにしろ反スポで警告


前半37分 レオシルバのファウル
不用意に相手を躓かせたということで、警告なしの判定


前半38分レオシルバのファウルもおそらく同じ判定
俊輔がレオシルバを押したときに反応されたら俊輔に警告出てたかも

このあたりで飯田さんにはレオシルバは要注意だと印象に残ったのかな


前半48分 マリノス失点シーン
小林が倒れて新潟の選手がフリーになって決められる
肩に手を回されて倒されているように見えるが、おそらく飯田さんは倒れた後に小林が相手を掴もうとしているところしか見えていない(ぼやけているのではっきりは分かりません)
小林とモンバエルツ監督は抗議したみたいだけど、小林も掴んでるように見えたししょうがないかなという感じ
前半終了のときにも小林が抗議してるからか、副審がダッシュで寄っていた


後半3分 喜田が倒されてプレーオン
飯田さんは一度笛を吹こうとしている
ただ、三門が続けようとしたためプレーオン継続
試合の雰囲気はプレーオンの判断の基準の一つになので、これもいい判断だったかと


後半10分 加藤への警告 反スポ
こちらは相手競技者がボールに向かうのを遠ざけるという戦術的な目的で相手競技者を押さえるに該当するかと
場所と人数から考えて大きなチャンスとなる攻撃の邪魔をしたわけではないかな


後半14分 加藤への警告 反スポ
おそらく一枚目と同じ


後半22分 新潟のプレーオン
ボールがつながるか見るのにかなり待ってくれてる
これは新潟寄りと言われてもおかしくない


後半24分 川口への警告 反スポ
無謀にタックルしたということではなく、俊輔に渡れば大きな得点のチャンスとなるということだったのかな
まあ、この辺は曖昧なこともあるからどちらでも


後半27分 伊藤のファウル
競らずに相手に潜り込むトリッピング

後半35分 喜田のファウル
不用意につまずかせる、あるいは押さえるにあたるかな
どちらにしろ新潟の人数と場所を考えたら大きな攻撃のチャンスとは言えない
新潟の自陣寄りで、前には2人だけ、マリノスの守備は5人ぐらいいた


後半48分 レオシルバへの警告 ラフプレー
喜田の足を踏んでいる
無謀に飛びかかった、あるいはつまずかせた、もしくは蹴るのどれかに該当かな
競技規則に踏むことについては書いてないけど、ラフプレーなのでこのうちのどれかに当たるという判断なのは間違いないかと

プレーオンになったのもホールディングが多かった気がするので、ホールディングでイエローは出やすい状況だったかな(3枚)


そして、初めて退場者の出る試合を見たので今まで知りませんでしたが、退場者の数を示す表示が画面に出ていました。
便利だけど微妙(笑)


以上、新潟戦より疑問を持った人が多いと思われる判定について録画を確認して解釈してみました


飯田はダメだ、もう来るなという人もいたけど、競技規則に当てはめると自分ほどの知識しかなくても納得できることがほとんどだったかなと思います。
実際、新潟サポの方にも説明したらわかってくれる人もいました。

試合後にレフェリングについていろいろ話し合える環境ができるといいな~と思った試合でした。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/09/13 01:40 ] 試合より | TB(-) | CM(2)

再試合の日程が決まりました

マリノス対びわこの再試合の日程発表されました。

7日に発表するかと思っていたら今日でした・・・


こちらに詳しく書いてありますが、10月11日の13時から日産スタジアムで再開されることになりました。

ちなみに、youtubeから試合のときの映像も載せておきます。







足首ぐらいまでの深さの水たまりがチケット売り場のところにできていたり、横殴りの雨になったりと今考えるとよくカッパも着ずに見ていたなというような天気です(笑)



さて、ここからが本題。

まずは中断から中止までの流れ。

あまり記憶がはっきりしていないのですが、前半はそこまでひどくなかった雨が後半からひどくなってきました。

先ほどの動画でもわかると思いますが、中断のころにはフィールドの半分ほどは水たまりになっていたでしょうか。
ブラジルU世代の10番アデミウソンでさえ、まったくドリブルできないような状況です。

また、滑って転ぶ選手も多く、J1のチームに挑むびわこの勢いもあって怪我の危険もかなり高かったです(実際怪我人がでましたが・・・)


おそらくそのあたりの状況と天候が回復しそうにないということから、73分16秒に試合が中断されました。
第4審(どなたか忘れてしまいました)が主審の福島さんを呼び、話し合いになったように見えたので、たぶんマッチコミッショナーの方などから中断するよう要請があったのだと思います。

その後、15分ほど待ちましたが天候が回復する様子は全くなく、中止することが発表されました。

というのが大まかな流れです。


続いてルール的な話を。

まず、ツイッターなどで主審がひどい、判断が遅いなどというコメントが多くありました。
マリノスサポーターしかフォローしていないアカウントなので、不甲斐ない試合をしていた選手に対する不満と、気合が入りすぎて相手に怪我をさせてしまったびわこの選手に対する不満が主審に向けられたという印象です。
また、そのようなプレーに対し仕返しをしたマリノスの選手が警告されたというのもあるでしょう。

私の感想としては、レフェリングに不満はなかったです。
イエローも妥当だと思います。ファールで罰せられるわけですから、報復行為のようなことをしたら警告されるのは当然です。

また、判断が遅いという点について。
競技規則上、試合の中止を決定するのは主審ですが、試合会場にはマッチコミッショナーもいます。
天皇杯とはいえプロが出ている試合なので、運営の問題もあり主審のみで中止の決定はもちろんのこと、中断も勝手に決定できることではないでしょう(そのあたりの事情はあまり詳しくは知りませんが・・・)。

そういうわけで主審の中断の判断が遅いというのも厳しいのかなと個人的には思います。

まあ、このあたりの基準は明確に決めるのが難しいのでいろいろな意見がでるのも当然かと思います。


では、ここで競技規則の中から今回の件に関連しそうな部分を見てみましょう。

●職権と任務

主審は、
・外部からのなんらかの妨害があった場合、試合を停止し、一時的に中断し、または中止する。

●主審の決定

プレーに関する事実についての主審の決定は、得点となったかどうか、また試合結果を含め最終である。

●国際サッカー評議会の決定

決定1
主審(また適用されるものに関しては、副審、第4の審判員)は、以下のことに法的な責任を負わない。

すべての財産についてのあらゆる損害
主審の競技規則による決定または試合の開催、競技、管理に必要な一般的な進め方に基づく決定によって起きた、あるいは起きたであろうと思われる、個人、クラブ、会社、協会またはその他の団体に対するその他の損失

これらの決定には、以下のものが含まれる。

・フィールドやその周辺の状態または天候の状態が試合を開催できるかできないかの決定
・なんらかの理由による試合中止の決定
・試合中に使用するフィールドの設備およびボールの適合性に関する決定
・競技規則またはその試合が行われるFIFA、大陸連盟、または加盟協会およびリーグの規約や規程にある任務に従って主審が下したその他の決定




このあたりでしょうか。
外部から妨害があったわけではないですが、その次の主審の決定の部分も含めて考えると、試合を中断するという決定を下すのは主審で、その決定が最終ということになります。

ただし、そのことによって起こったであろう損失等については主審は法的な責任を負わないことになっています。



特に何か言いたいわけではありませんが、いい機会なので紹介しました。
主審の任務などは意外と読み飛ばしがちではないですか?

3級以上を目指す方は、試験に出るかもしれませんよ!!



最後に、過去にあった再試合の例から考えて審判団も同じになると思います(選手は交代枠含め中断時の状況で再開です)。
選手はもちろんですが、審判団にとっても難しい試合になると思います。

また試合を見に行く予定なので終わったら記事を書こうかと思っています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村

雨はいまだに止みません・・・
[ 2015/09/10 00:04 ] 試合より | TB(-) | CM(0)
プロフィール

mariref

Author:mariref
横浜F・マリノスを応援しつつサッカー1級審判員を目指して活動中の3級審判員です。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。