サッカー1級審判員を目指して

競技規則の解釈や、Jリーグであった判定について、自分の審判記録などいろいろと書いていこうと思います。疑問・訂正等あればコメントよろしくお願いします。
サッカー1級審判員を目指して TOP  >  豆知識

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

試合前の打ち合わせ

みなさん、試合前の打ち合わせはちゃんとやっていますか?

今日は、打ち合わせについてのお話です。
私が打ち合わせで副審の方にお願いすることをいくつかのパターンでご紹介します。




まず一番簡単なパターン。
あまり経験がなさそうだなという方と組むときにこのパターンになります。

1.オフサイドの監視
2.ボールがタッチラインを割ったかどうか
3.キャンセルするまで旗は降ろさない


必ず伝えるのはこの3点です。
これらができないと選手の信頼も失ってしまうので、どんな方と組むときも伝えるようにしています。

逆にファールサポートなどはしないように伝えて、とにかくこの3点に集中してもらいます。



次に、よくあるパターン。
自分と同じぐらいの方、あるいは研修等で組むことになった方のときはこのパターンになります。

私が審判を始めるときにもらった打ち合わせの方法が書いてある紙に従ってやっています。

上記の3点はもちろん伝えます。それに加えて

4.際どいゴールインの判定
5.オフサイドなどのときwait&seeですぐに旗を上げないようにする
6.差し違えのときどうするか
7.ファールサポート
8.交代や負傷した競技者の対応
9.ファールスロー


具体的にどうするかはその時によって変わりますが、よくお願いするのは

4.入っていたら旗を上げて知らせる。入っていなければアイコンタクトのみ。
5.オフサイドが成立するまで上げない。ただし、明らかな時とGKとの接触の可能性があるときは早めに。また、気づかないときはディフェンス側がボールを奪ってハーフウェーラインを越えたら下ろす。
6.主審が明らかに間違っていなければ主審に合わせる。
7.攻撃側のファールはすぐに、守備側はアドバンテージの可能性もあるので様子を見て。
8.第4審がいなければ交代は主審とA1の近いほうが見に行く。負傷した競技者は副審の判断で出しても構わない、ただしあとで伝えてもらう。
9.主審が投げ方を、副審は足元を監視(一人で全部見ろと言われたり、お任せしますと言われたことも・・・)


という感じです。


最後に、よく知っている方や自分より上級の方と組むときのパターン。

10.壁の距離等の援助
11.ベンチコントロール
12.主審の見えない位置での重大な反則


この三つはほとんどやったことはないですが・・・

あとは気になったことをフィールドのチェックをしながら話したりします。

PKのときどこを監視するかというのは大体決まっています(副審はGKの飛び出しやゴールしたかを監視)が、たまにペナルティーエリアまで動いてくれない副審の方がいるので確認したほうがいいかもしれませんね。


ということで、参考になれば。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/09/05 23:12 ] 豆知識 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

mariref

Author:mariref
横浜F・マリノスを応援しつつサッカー1級審判員を目指して活動中の3級審判員です。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。