サッカー1級審判員を目指して

競技規則の解釈や、Jリーグであった判定について、自分の審判記録などいろいろと書いていこうと思います。疑問・訂正等あればコメントよろしくお願いします。
サッカー1級審判員を目指して TOP  >  2015年09月03日
月別アーカイブ  [ 2015年09月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第17条の基本

今日は、「第17条 コーナーキック」です。

いよいよ最後です!



コーナーキックは、プレーを再開する方法のひとつである。

コーナーキックは、グラウンド上または空中にかかわらず、最後に守備側競技者が触れたボールの全体がゴールラインを越え、第10条による得点とならなかったときに与えられる。

相手チームのゴールに限り、コーナーキックから直接得点することができる。


コーナーキックからも直接得点できます。
これはときどき起こるので知っている方も多いでしょう。


●進め方

・ボールは、ゴールラインを越えた地点に最も近い方のコーナーアークの中に置かなければならない。
・コーナーフラッグポストを動かしてはならない。
・相手競技者は、ボールがインプレーになるまで、コーナーアークから9.15m(10ヤード)以上離れなければならない。
・攻撃側チームの競技者がボールをけらなければならない。
・ボールは、けられて移動したときにインプレーとなる。
・他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない。


コーナーキックはどちらから再開するか決まっています。微妙な時は主審がどちらかをシグナルする必要があります。
また、インプレーとなるのはボールが移動したときです。コーナーアークから出たときなどではないので注意しましょう。


●違反と罰則

ゴールキーパー以外の競技者によるコーナーキック

ボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前にキッカーがボールに再び触れた場合(手または腕による場合を除く)、
・違反の起きた場所から行う間接フリーキックが相手チームに与えられる(第13条―フリーキックの位置を参照)。

ボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前にキッカーが意図的にボールを手または腕で扱った場合、
・違反の起きた場所から行う直接フリーキックが相手チームに与えられる(第13条―フリーキックの位置を参照)。
・違反がキッカーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、ペナルティーキックが与えられる。

ゴールキーパーによるコーナーキック

ボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前にゴールキーパーがボールに再び触れた場合(手または腕による場合を除く)、
・違反の起きた場所から行う間接フリーキックが相手チームに与えられる(第13条―フリーキックの位置を参照)。

ボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前にゴールキーパーが意図的にボールを手または腕で扱った場合、
・違反がゴールキーパーのペナルティーエリアの外で起きた場合は、違反の起きた場所から行う直接フリーキックが相手チームに与えられる(第13条―フリーキックの位置を参照)。
・違反がゴールキーパーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、違反の起きた場所から行う間接フリーキックが相手チームに与えられる(第13条―フリーキックの位置を参照)。

本条に関して、その他の違反があった場合、
・キックは、再び行われる。


またまたこの規則です。三日連続なのでいいでしょう・・・


●進め方 ― 違反

主審と副審は、ボールがインプレーになるまで相手競技者はコーナーアークから9.15m(10ヤード)以上離れていなければならないことに留意する(フィールド外につけた任意のマークがこの距離を測るのに役立つ)。必要であれば、主審はコーナーキックの前にこの距離内にいる競技者を注意し、その後も正しい距離まで下がらない場合は警告しなければならない。

他の競技者がボールに触れる前にキッカーがボールを再び触れた場合、再び触れた場所で相手チームに間接フリーキックが与えられる(第13条─フリーキックの位置を参照)。

競技者がコーナーキックを正しく行い、また不用意でも、無謀でも、また過剰な力を用いることなく、意図的にボールを相手競技者に当ててはね返ったボールを自分のものとした場合、主審はプレーを続けさせなければならない。

ボールはコーナーアーク内に置かれなければならず、キックされたときにインプレーとなるので、インプレーになるためにコーナーアークから出る必要はない。


副審側にボールがある場合は副審が、主審側にある場合は主審がしっかりボールがコーナーアークの中に入っているかを確認しましょう。
特に主審側のときはペナルティーエリア内の監視に気を取られて見逃しがちです。
Jリーグでは副審がボールを監視して蹴ったタイミングを無線で伝えているそうですが、アマチュアの試合では無線は使えないのでしっかり意識しておくしかないですね・・・

また、コーナーキック時の副審の位置取りとして、オフサイドはないのでゴールラインの延長線上に立ちます。
ただし、コーナーキックの後にヘディングですらしたりした場合はオフサイドになる可能性が出てくるので、ボールが蹴られたらオフサイドラインに移動します。
この時GK以外の選手がゴールライン上に立っていることがあるのでオフサイドラインを間違えないようにしましょう。



・・・というわけでめでたく(?)17条の紹介が終わりました。
何度も言っていますが、省略した部分や書ききれない部分も多くあります。
(このブログだけを頼りに審判活動に臨むという方はいないと思いますが、)審判活動を行う前にはしっかり競技規則を確認するようにしてください。



今後は自分の審判記録、ためてあるネタ、もう少し説明したいルール等々いろいろなテーマを適当に混ぜながら書いていこうと思います。

私の審判技術向上のためという点にも重きを置いているので逆に質問になったり、アンケート形式にしたりすることがあるかと思います。
ご協力いただけたらありがたいです。





こちらも投票お願いします。



では、明日からもお楽しみに!?



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
もう少しで一位に・・・
↑ぽちっとお願いします↑
スポンサーサイト
[ 2015/09/03 23:24 ] 競技規則第17条 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

mariref

Author:mariref
横浜F・マリノスを応援しつつサッカー1級審判員を目指して活動中の3級審判員です。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。