サッカー1級審判員を目指して

競技規則の解釈や、Jリーグであった判定について、自分の審判記録などいろいろと書いていこうと思います。疑問・訂正等あればコメントよろしくお願いします。
サッカー1級審判員を目指して TOP  >  2015年09月10日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再試合の日程が決まりました

マリノス対びわこの再試合の日程発表されました。

7日に発表するかと思っていたら今日でした・・・


こちらに詳しく書いてありますが、10月11日の13時から日産スタジアムで再開されることになりました。

ちなみに、youtubeから試合のときの映像も載せておきます。







足首ぐらいまでの深さの水たまりがチケット売り場のところにできていたり、横殴りの雨になったりと今考えるとよくカッパも着ずに見ていたなというような天気です(笑)



さて、ここからが本題。

まずは中断から中止までの流れ。

あまり記憶がはっきりしていないのですが、前半はそこまでひどくなかった雨が後半からひどくなってきました。

先ほどの動画でもわかると思いますが、中断のころにはフィールドの半分ほどは水たまりになっていたでしょうか。
ブラジルU世代の10番アデミウソンでさえ、まったくドリブルできないような状況です。

また、滑って転ぶ選手も多く、J1のチームに挑むびわこの勢いもあって怪我の危険もかなり高かったです(実際怪我人がでましたが・・・)


おそらくそのあたりの状況と天候が回復しそうにないということから、73分16秒に試合が中断されました。
第4審(どなたか忘れてしまいました)が主審の福島さんを呼び、話し合いになったように見えたので、たぶんマッチコミッショナーの方などから中断するよう要請があったのだと思います。

その後、15分ほど待ちましたが天候が回復する様子は全くなく、中止することが発表されました。

というのが大まかな流れです。


続いてルール的な話を。

まず、ツイッターなどで主審がひどい、判断が遅いなどというコメントが多くありました。
マリノスサポーターしかフォローしていないアカウントなので、不甲斐ない試合をしていた選手に対する不満と、気合が入りすぎて相手に怪我をさせてしまったびわこの選手に対する不満が主審に向けられたという印象です。
また、そのようなプレーに対し仕返しをしたマリノスの選手が警告されたというのもあるでしょう。

私の感想としては、レフェリングに不満はなかったです。
イエローも妥当だと思います。ファールで罰せられるわけですから、報復行為のようなことをしたら警告されるのは当然です。

また、判断が遅いという点について。
競技規則上、試合の中止を決定するのは主審ですが、試合会場にはマッチコミッショナーもいます。
天皇杯とはいえプロが出ている試合なので、運営の問題もあり主審のみで中止の決定はもちろんのこと、中断も勝手に決定できることではないでしょう(そのあたりの事情はあまり詳しくは知りませんが・・・)。

そういうわけで主審の中断の判断が遅いというのも厳しいのかなと個人的には思います。

まあ、このあたりの基準は明確に決めるのが難しいのでいろいろな意見がでるのも当然かと思います。


では、ここで競技規則の中から今回の件に関連しそうな部分を見てみましょう。

●職権と任務

主審は、
・外部からのなんらかの妨害があった場合、試合を停止し、一時的に中断し、または中止する。

●主審の決定

プレーに関する事実についての主審の決定は、得点となったかどうか、また試合結果を含め最終である。

●国際サッカー評議会の決定

決定1
主審(また適用されるものに関しては、副審、第4の審判員)は、以下のことに法的な責任を負わない。

すべての財産についてのあらゆる損害
主審の競技規則による決定または試合の開催、競技、管理に必要な一般的な進め方に基づく決定によって起きた、あるいは起きたであろうと思われる、個人、クラブ、会社、協会またはその他の団体に対するその他の損失

これらの決定には、以下のものが含まれる。

・フィールドやその周辺の状態または天候の状態が試合を開催できるかできないかの決定
・なんらかの理由による試合中止の決定
・試合中に使用するフィールドの設備およびボールの適合性に関する決定
・競技規則またはその試合が行われるFIFA、大陸連盟、または加盟協会およびリーグの規約や規程にある任務に従って主審が下したその他の決定




このあたりでしょうか。
外部から妨害があったわけではないですが、その次の主審の決定の部分も含めて考えると、試合を中断するという決定を下すのは主審で、その決定が最終ということになります。

ただし、そのことによって起こったであろう損失等については主審は法的な責任を負わないことになっています。



特に何か言いたいわけではありませんが、いい機会なので紹介しました。
主審の任務などは意外と読み飛ばしがちではないですか?

3級以上を目指す方は、試験に出るかもしれませんよ!!



最後に、過去にあった再試合の例から考えて審判団も同じになると思います(選手は交代枠含め中断時の状況で再開です)。
選手はもちろんですが、審判団にとっても難しい試合になると思います。

また試合を見に行く予定なので終わったら記事を書こうかと思っています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村

雨はいまだに止みません・・・
スポンサーサイト
[ 2015/09/10 00:04 ] 試合より | TB(-) | CM(0)
プロフィール

mariref

Author:mariref
横浜F・マリノスを応援しつつサッカー1級審判員を目指して活動中の3級審判員です。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。