サッカー1級審判員を目指して

競技規則の解釈や、Jリーグであった判定について、自分の審判記録などいろいろと書いていこうと思います。疑問・訂正等あればコメントよろしくお願いします。
サッカー1級審判員を目指して TOP  >  2015年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英語版競技規則届きました。

このブログを始めて興味を持った英語版競技規則。

日本語版が送られてきてからほぼ毎日キックオフで販売開始されていないかチェックしていました。

そしてやっと入荷を確認したのが27日。ようやく今日届きました。



というわけで、日本語版との違いを少し紹介しておきます。


まず、英語版のほうが若干薄いです。日本語版には付録がついていますから、その分ですね。

そして表紙の写真の質が英語版のほうがいいです(笑)紙質も違いますね。

19ページ、交代の進め方のところはなぜか上から紙を貼って修正してあります。なぜかはよく分かりません・・・

あと、日本語版に比べて左右の余白が広いです。

ちなみに日本語版でずれている目次のページ数は英語版では合っています。


残念だったのはページが破れていたこと。初めて買った英語版なのに!!


とりあえず気づいたのはこんな感じです。


英語に慣れていないのが一番の理由なんでしょうが、文字が多くて読むのが大変そうだな~
でも、なるべく英語版で頑張りたいと思います。


最後に、並べて撮った写真を。

IMG_20151029_235747.jpg

JFAのマークで分かると思いますが、左が英語版、右が日本語版です。
英語版はアマゾン等では売っていないので、審判の資格がない方はFIFAのサイトからpdf版を。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/10/30 00:15 ] 競技規則 | TB(-) | CM(0)

ドロップボールで気になったこと

10月17日の神戸戦で劇的逆転勝ちを収め、興奮しすぎたせいか体調を崩し、風邪をひいてしまいました。初めは喉だけだったのが、いつの間にか鼻の調子まで悪くなり、ツイッターで言われていた先週の等々力の銀杏臭さも7時から5時間並んでいたにも関わらず全く気付かない始末・・・

そして今ピークを迎えているのではないかというところですがようやく更新する余裕が出てきたので久しぶりに書いています。



一週間も前のことなんですが、ACLガンバ対広州戦のお話。

この試合はBSで中継していたので日テレG+などは契約していませんが見ることが出来ました。
その試合の中で解説の城さんから気になる発言が。



録画もしていなかったので状況などを詳しく覚えていないのですが、確か倒れている選手がいて主審が試合を止め、ドロップボールで再開の場面。

あまり見ませんが、この時は両チームの選手がボールのところにいました。つまりボールがグラウンドに触れたときに両チームが奪い合うような状況だったわけです。

しかし、この時広州の選手がボールを見ていなかったのか、ガンバがボールを奪いそのまま攻めていきました。サポーターからはブーイングもありました。(記憶がはっきりしない部分があります。間違っていたら申し訳ありません)


さて、この場面。確かに普通は相手にボールを返すことが多いですね。ですが、ルール上は全く問題のないプレーです。
両チームの選手がいたことから、停止前はルーズボールだったのかと思いますし、見ていてルール的な違和感は感じなかったと思います。

ですがこのプレーを見た城さん、「相手に返すのがルールですからねえ~」

え?・・・



もしかしたら違うプレーについての話だったのかもしれませんがタイミング的にはこのように聞こえました。
もしそう思っているのだとしたら、ちょっとまずいのではないでしょうか?


競技規則のどこにもそのようなことは書いてありません。
あくまで選手の判断で行っていることであり、審判が指示できることでもありません。ルール上は相手が持っていたとしても自分たちがボールを奪って攻めてもいいわけです(プロがやったら大ブーイングでしょうが)


それを元プロの選手が間違えているということは、そういう認識の選手もいるということでしょうか。
だとしたら、もちろん良い行動ではあるのですが、やはり多くの人が聞いているということを考えると残念な発言だったかと思います。
競技規則に書いてあるという意味でなかったとしても表現がよくなかったです。

いつも思うのですが、解説に選手だけでなく、審判経験者の方を呼ぶことはできないのでしょうか。
サッカーは今注目のラグビーに比べたら浸透しているとはいえ、やはりルールをしっかりと覚えているという人はなかなかいません。もちろん私もよく、あれ、これどうするんだっけ?となります。


せめて試合後に判定理由(反スポや異議などでなく、詳しい状況)を説明してくれることがあればいいのにと思います。


ちなみにカードが出た理由はこちらで確認できます。



というわけで、一週間も経ってしまいましたがやっと書きたいことが書けました。


最後に、競技規則からドロップボールの部分を抜粋しておきます。

●ドロップボールの定義

ドロップボールは、ボールが依然インプレー中で、主審が競技規則のどこにも規定されていない理由によって、一時的にプレーを停止したときに、プレーを再開する方法である。


●進め方

主審は、プレーを停止したときにボールがあった場所でボールをドロップする。ただし、ゴールエリア内でプレーが停止された場合、ドロップボールは、プレーを停止したときにボールがあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上で行う。

ボールがグラウンドに触れたときにプレーが再開される。


●違反と罰則

次の場合、ボールを再びドロップする。
・ボールがグラウンドに触れる前に競技者がボールに触れる。
・ボールがグラウンドに触れたのち、競技者が触れることなくフィールドの外に出る。ボールがゴールに入った場合、
・ドロップしたボールがけられて直接相手競技者のゴールに入った場合、ゴールキックが与えられる。
・ドロップしたボールがけられて直接そのチームのゴールに入った場合、相手チームにコーナーキックが与えられる。


●ドロップボール

(ゴールキーパーを含む)すべての競技者がドロップボールに参加することができる。
ドロップボールに参加が必要な最小、最大競技者数は定められていない。主審は、誰がドロップボールに参加してよいのかどうかの決定を行うことはできない。



2700まで来てしまいましたが、2000記念も今週中にと考えています。






競技規則に書いていないこんな時どうするの?に答えてくれる本です。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/10/28 01:31 ] 競技規則第8条 | TB(-) | CM(0)

ラインキープができないと・・・

普段参考にさせてもらっているブログがいくつかあるのですが、昨日そのうちの一つでイラン戦の記事を紹介していただきました。


そのブログがこちら→とりあえず

見ていただければわかると思いますが、普段からかなり参考にさせてもらっています。


さらに、紹介していただいたおかげでアクセス数がなんと10倍になってしまいました。
アクセスカウンターもあっという間に2000を越え焦っているわけですが、今日はラインキープのお話。



・・・皆さんも経験ありませんか?

ずっと反対側にボールがあって暇だなあ、と思っていたらカウンター!焦ってDFを見たらラインがずれている!!

なんてこと。さらに

FWにパスが出てしまってオフサイドの判定ができないし、ベンチからは文句が

考えるだけで恐ろしいですね。



さて、ラインキープができていないと見え方にどのような違いがあるのか3枚の図を載せるので確認してみてください。
(今回使う3枚の図はどこかで同じようなものを見かけたことがあるのですが、どこで見かけたか忘れてしまったので自分で作ってみました。適当に作ったものなので見にくいかもしれません)

黒が副審で、矢印が視線の方向です。
実線が副審から見たオフサイドラインで、点線が正しいオフサイドラインです。
青が攻撃側で右側に向かって攻めています。
赤は守備側です。(GKやライン等は省略しました)



まずは、正しくラインキープできている場合。

スライド1


「後方から二人目の相手競技者と同じレベルにいる」青の競技者はオンサイドです。
正しくラインキープできていれば見極めることができます。


では、戻るのが遅れて正しいポジションより前で見ていたらどうでしょう。

スライド2


選手の位置関係は一枚目と変わりません。
しかし、「後方から二人目の相手競技者」が手前の選手のように見えます。
そのせいで本来オフサイドではない青の選手がオフサイドに見えるようになりました。
これでは攻撃側に不利な判定になってしまいます。


では逆に正しいポジションより後ろで見ていたらどうでしょう。

スライド3


今度は青の選手はオフサイドポジションにいます。
しかし、副審の位置からはオンサイドに見えてしまっています。今度は守備側に不利な判定になってしまいますね。


これらの図は極端な例ですが、ラインキープの大切さがお分かりいただけたでしょうか。

Jリーグの副審(だったかな?)は、オフサイドラインからの平均のずれが80cmほどだと聞いたことがあります。
自分のほうにボールが来なくても集中力を切らさないようにしましょう。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/10/15 22:11 ] 競技規則第11条 | TB(-) | CM(0)

日本対イラン

試合を見ながら記録してみたものです。

ほとんど見返してもいないのでミスがあるかもしれませんが

※やはり間違いを発見しました。一部訂正しました。(10/14 23:00)

主審 アブドゥル バキ
副審 アル アムリ アルブサイディ
第4審 ボニャディファルド

3分50秒  柴崎 ファウル トリッピング
5分30秒  イラン オフサイド 二列目の飛び出しあったが早めの笛
6分50秒  イラン ファウル 競り合い 吉田を押さえた?
10分     長谷部柴崎 ファウル トリッピングスタンピング(キッキング)
17分10秒 イラン PA内で倒れるがファウルなし 主審目の前
17分50秒 柴崎 ファウル トリッピング
18分50秒 イラン ファウル 武藤を掴んで引き倒す
22分50秒 イラン 交代
25分30秒 イラン オフサイド
28分    本田 ファウル トリッピング
30分30秒 吉田 ファウル 警告 反スポかな
32分50秒 イラン 倒れるがファウルなし 残った足にかかった
33分20秒 米倉 ファウル チャージング
39分    本田 ファウル 相手を押さえたか肘で相手を打った
41分20秒 イラン 競り合いで倒れるもファウルなし
41分40秒 イラン 突破しようとして倒れるもファウルなし
42分20秒 イラン ファウル 
44分    長谷部 ハンド
AT1分
45分+10秒 吉田 ファウル PK トリッピング
前半終了

後半
4分55秒  柴崎 倒されるもファウルなし
5分20秒  スローインではなくCK
6分30秒  イラン ファウル 清武に飛びかかる
9分20秒  イラン スローインやり直し 理由不明 
11分     イラン オフサイド
11分45秒 清武 倒されるもファウルなし
13分    本田 PA内で倒れるもファウルなし 倒れ方がシミュレーションっぽい
14分20秒 イラン ファウル 後ろから武藤を押す
23分20秒 酒井 ファウル 手が出たか
23分30秒 吉田 ファウル
28分22秒 柏木 ファウルするもプレーオン
28分30秒 イラン ファウル 原口のドリブルを手で止める 6番警告
30分30秒 イラン ファウルするもプレーオンが二回続く
31分    長谷部 ファウル
32分10秒 武藤 ファウル
34分    イラン ファウル 20番サルダル・アズムンが清武のユニフォームを引っ張り乱闘気味に 警告
36分    武藤 ファウル ホールディング
36分30秒 イラン ファウル スライディングが原口にかかる
37分30秒 丹羽 ファウル 相手に飛びかかった
39分    イラン ファウル ホールディング?
40分50秒 イラン ファウル トリッピング? クイック認めず
41分50秒 日本 ファウル よく分からない
43分50秒 イラン ファウル ヘディング後の丹羽に当たりに行った 見えていなかったか
44分50秒 イラン ファウル 3番と清武がすこしやりあう
47分    原口 倒されるもファウルなし
47分10秒 イラン ファウル 丹羽が押されて西川と接触
AT3分
試合終了


試合自体はあまり面白くないだろうということで審判に注目していたわけですが、そちらにもあまり集中出来ませんでした・・・
見逃しや間違いが多いかもしれません。
まあ、久しぶりにやってみようということで。

一度清武とアズムンがやりあってからは、仲裁に入るのが早かったです。

とりあえず、こんな感じで。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/10/14 00:56 ] 試合より | TB(-) | CM(0)

ホイッスル迷ってませんか?

みなさんはどんなホイッスルを使っていますか?

私は先日FOX40を購入し、所持しているホイッスルが4級取得時にもらったコルクの物、マウスグリップ付きのドルフィンプロ、ドルフィンFと合わせて4種類になりました。

あとはバルキーンでほしいホイッスルが揃うのですが・・・昇級時のお楽しみということにしてあります。



さて、今日はホイッスルに悩んでいる方も多いのではないかと思い、参考になりそうな動画をいくつか紹介します。

モルテンの公式サイトから見ることのできる動画です。
実際の音が視聴できます。

まずは、コルク。




続いてFOX40。


先週初めて吹いてみましたが、ドルフィンよりも吹きにくく感じました。慣れのせいですかね。
音も個人的にはドルフィンのほうが好みです。


では、そのドルフィンの動画。

ドルフィンプロ



ドルフィンF


ドルフィンFはバルキーンと同じ音が出るということで、動画ではバルキーンが使われています。
また、この動画には悪い吹き方の例や、舌の使い方なども示されているので、非常に参考になると思います。


ホイッスルの洗い方、フリップグリップの紹介動画もあったのでついでに紹介しておきます。

ホイッスルの洗い方


入れ歯洗浄剤を使うんですね・・・



フリップグリップ


VALKEEN とありますが、ドルフィンFにもフリップグリップのついているセットがあります。非常に使いやすいです。


最後に、今回紹介したホイッスルの紹介ページへのリンクを貼っておきます。(モルテンの公式サイトへ飛びます)

コルク

FOX40

ドルフィンプロ

ドルフィンF

バルキーン




こちらでも動画とは違うパターンの視聴ができるので聴いてみてください。




購入しようかなと思われた方はこちらから買っていただけるとありがたいです・・・入れ歯洗浄剤もついでに(笑)

 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/10/09 22:10 ] 紹介 | TB(-) | CM(2)

レッドカードの取り消し

今日は、サッカーニュースのアプリで紹介されていた動画について。

記事はこちら

そして、動画はこちら。


主審は一発レッドという判断を一度下したものの、副審の助言を受けて取り消したようです。
競技規則では、プレーを再開する前ならば退場を取り消すことも可能ですが、退場となった選手も納得したのか完全にいなくなっていたようです(笑)

副審ももう少し早く助言をしてあげればよかったのかな~?


言葉が分からないのでどういう状況か詳しくは分かりませんが・・・

あと、副審がフィールドの中を走っていたのも気になりますね。



ちなみに、今日行われたナビスコカップの新潟対ガンバでレオシルバ選手が退場になったシーンも、副審の助言を採用してのことのようです。



副審の役割を再認識した二つの事例でした。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/10/07 23:27 ] 紹介 | TB(-) | CM(0)

バニシングスプレーが・・・

今日のJリーグのプレスリリースより

「バニシング・スプレー」使用中止のお知らせ


ということで、バニシングスプレーは今週末の試合から使用されなくなるようです。


突然のニュースで驚きましたが、選手、特にキッカーには評判がよくなかったようなので喜ばれてたりするんですかね・・・

これをいいことに距離を守らない選手が出てきたりしないと良いのですが。



まあ、去年まではスプレーがなかったわけですから、Jの審判団はしっかり対応してくれるでしょう。


というわけで今週のJリーグはFKのゴールが増えるのか減るのかにも注目ですね。





ちなみに、アマゾンでは購入可能なようです。

なくなるかもしれないのでお早めに!?・




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
[ 2015/10/01 21:00 ] J関係 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

mariref

Author:mariref
横浜F・マリノスを応援しつつサッカー1級審判員を目指して活動中の3級審判員です。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。