サッカー1級審判員を目指して

競技規則の解釈や、Jリーグであった判定について、自分の審判記録などいろいろと書いていこうと思います。疑問・訂正等あればコメントよろしくお願いします。
サッカー1級審判員を目指して TOP  >  スポンサー広告 >  競技規則第5条 >  第5条の基本2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第5条の基本2

昨日に引き続き、「第5条 主審」です。

今日は昨日の残りの部分についてです。



●ボールがインプレー中の位置取り

求められる位置取り
・主審とプレーが行われている側の副審でプレーを挟む。
・主審は、プレーが行われている側の副審を視野に入れる。主審は、対角線式審判法を広く用いる。
・主審は、プレーの外側に向かって位置することによって、プレーとプレーが行われている側の副審を容易に視野に入れることができる。
・主審は、プレーに干渉することなく、十分にプレーに近づく。
・監視しなければならないものは、つねにボール周辺にあるというものではない。主審は次のことにも留意する。
 ─挑戦的な競技者がボールとは関係ない場所で対立を引き起こすこと
 ─プレーが向かっている地域内での反則の可能性
 ─ボールがプレーされた後の反則



これが基本的な位置取りですが、あくまで基本であって例えば左サイドから攻めているときに、副審とはさむためにタッチラインから出るぐらい外にいるとクロスが上がった後のペナルティーエリア内の監視が出来なくなります。重要なのは次のプレーを予測して見やすい角度や体の向きで見るということだと思います。サイドステップやバックステップを使うとボールから目を切らずに移動することができます。

また、プレーとの距離は大体10~15mぐらいがいいでしょう。たとえ見えていたとしても遠くから判断していると選手から信頼してもらえません。説得力のある判定ができるような距離にいることを心がけましょう。

ボール周辺について、対立を引き起こす競技者の監視は副審や第4の審判員と協力が必要になるかと思います。見えなかった場合にも知らせてもらえるような打ち合わせが必要です。

プレーが向かっている地域というのはCK時のペナルティーエリア内などですね。相手を抑えていたらインプレーになる前に注意するなどが必要です。

ボールがプレーされた後というのはパスを出した競技者に遅れてタックルする場合などです。よくアフターと言いますね。アドバンテージを適用できる可能性もあるので素早く的確な判断が必要になります。



●ボールがアウトオブプレーのときの位置取り

最良の位置をとることにより、正しい判定を下すことができる。位置取りに関しては、プレーの可能性に基づくことを基本とし、それに加えチームや競技者、そこに至るまでの出来事などの情報により修正していかなければならない。

次図に指示する位置取りは、基本的なものであり、審判員に勧められているものである。
〝ゾーン〟について、すべての位置取りはその効果を最大限に引き出せるエリアとして、取ることが勧められるものである。これらのゾーンは、ことが起きたときの状況により、大きくなったり、小さくなったり、また異なった形状となる。



試合中のポジショニング修正は大事です。一度ゴールキックのときに競技規則通りの場所にいて、その後ろでずっと押し合いをしている競技者に気づかなかったことがありました。何度かゴールキックがあれば、その情報から多少違う位置にポジションを取るのは問題ありません。(競技規則に載っている図はこちらで確認してください。)



●笛の使い方

次の場合には、笛を吹くことが必要である。
・前、後半の、また得点後のキックオフのとき
・次の理由でプレーを停止するとき
 ─フリーキックまたはペナルティーキック
 ─試合の一時的な中断、または中止
 ─プレー時間がすべて終わった、前、後半の終了時
・次の場合にプレーを再開するとき
 ─規定の距離を下げたときのフリーキック
 ─ペナルティーキック
・次の理由でプレーが停止された後にプレーを再開するとき
 ─不正行為に対するイエローカードやレッドカードの提示
 ─負傷者の発生
 ─交代

次の場合、笛を吹く必要はない。
・次の理由でプレーを停止するとき
 ─ゴールキック、コーナーキックまたはスローイン
 ─得点
・次の場合にプレーを再開するとき
 ─フリーキック、ゴールキック、コーナーキック、スローイン

不必要な笛を多く吹きすぎると、本当に必要な場合に効果が薄れることになる。笛を吹くかどうかの判断は主審に任されているが、プレーの開始のために笛を吹く必要がある場合、主審は、笛のシグナルまではプレー再開とならないと競技者にはっきり伝える。




私もよく言われますが、意識していないと笛の音が単調になりがちです。また、審判用の笛だとしっかり吹かないと弱弱しい音しか出ません。
今までに教わった例として、

・キックオフのときは力強く
・得点後(失点チームのキックオフ時)は軽く
・危ないファールは強めに、不用意なファールは弱めに
・交代の時はピッピッなど止めたことが伝わるような吹き方で

などがあります。


●ボディー・ランゲージ

ボディー・ランゲージは、主審が次のときに用いる手段である。
・試合のコントロールを援助するとき
・主審の権限や主審が落ち着いていることを示すとき

ボディー・ランゲージは、次のときには用いない。
・判定の説明になるようなとき


ボディー・ランゲージは、シグナルとは違い、競技規則に載っていない身振りのことです。例えば間接FKで片手を上げるのはシグナルですが、ボールをしっかりセットするよう両手を地面に下げる仕草はボディー・ランゲージ(ジェスチャー)です。

また、競技規則149ページに「主審が決定を下す原因となった違反について、主審は説明したり動作で示したりする必要はないが、ときには簡単なジェスチャーや言葉による説明が、意思の疎通や理解を深めることを助け、より信頼を得られることになって、競技者、審判員の双方にとって有益となることがある。意思の疎通を図ることは奨励されるべきことであるが、違反を大げさに真似することは、品位を落としたり、混乱を招くことになるので、行うべきではない。」とあります。

ファールのたびに説明をする必要はありませんが、選手が不満げだったりなぜファールになったかわかっていないような場合はジェスチャーや言葉で説明するのは問題ありません。逆に選手もわかっているような時もいちいち説明するのはあまりスマートではないですね。


シグナルの図についても競技規則で確認をお願いします。


これで第5条は終わりです。


第17条まで続けるのも飽きそうなので、違うネタもはさみながら行こうと思います。



では、今日はこの辺で。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
いつの間にか2位になっていて驚いてます・・・

ぽちっとお願いします(__)
スポンサーサイト
[ 2015/08/18 22:00 ] 競技規則第5条 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

mariref

Author:mariref
横浜F・マリノスを応援しつつサッカー1級審判員を目指して活動中の3級審判員です。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。