サッカー1級審判員を目指して

競技規則の解釈や、Jリーグであった判定について、自分の審判記録などいろいろと書いていこうと思います。疑問・訂正等あればコメントよろしくお願いします。
サッカー1級審判員を目指して TOP  >  スポンサー広告 >  競技規則第10条 >  第10条の基本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第10条の基本

今日は、「第10条 得点の方法」です。


●得点

ゴールポストの間とクロスバーの下でボールの全体がゴールラインを越えたとき、その前にゴールにボールを入れたチームが競技規則の違反を犯していなければ、1得点となる。


●勝利チーム

試合中により多く得点したチームを勝ちとする。両チームが同点または共に無得点の場合、試合は引き分けである。


●競技会規定

試合またはホームアンドアウェーの対戦が終了し、競技会規定として勝者を決定する必要がある場合、国際サッカー評議会が承認した次の方法のみが認められる。
・アウェーゴール・ルール
・延長戦
・ペナルティーマークからのキック


●ノーゴール
ボールの全体がゴールラインを越える前に主審が得点をシグナルし、直後にその誤りに気づいた場合、プレーはプレーを停止したときにボールがあった位置からドロップボールで再開される。ただし、ゴールエリア内でプレーが停止された場合は、ドロップボールは、プレーを停止したときにボールのあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上で行う。


第10条は本当に書くことがありませんね・・・

強いて書くとすれば、「ゴールにボールを入れたチームが競技規則の違反を犯」すというのはファールだけでなく、得点時にフィールド上に得点したチームのチーム役員などがいた場合も得点は認められない。ということぐらいでしょうか(第3条に書いてあります)。


今日の記事は以上です。が、短いのでアンケートのお願いを。
右側にも表示していますが、笛の持ち方はどのようにしていますか?というアンケートです。

アンケート機能の実験も兼ねた単なる興味ですが・・・

よかったら回答お願いします。







ついでにもうひとつ、こちらの記事へのコメントもお待ちしています。


それでは、明日からは第11条です。

競技規則の中で第12条と並んで理解するのに苦戦するところだと思います。
私も完全には理解できていませんが、基本的な部分について説明していきます。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/08/26 22:00 ] 競技規則第10条 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

mariref

Author:mariref
横浜F・マリノスを応援しつつサッカー1級審判員を目指して活動中の3級審判員です。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。